マイアーラー リースリング アルテレーベン クヴァリテーツヴァイン トロッケン 2018

1767年にケステンに設立された家族経営のワイングートです。ケステン村のパウリンスホフベルグ、パウリンスベルグなどに6.8haの畑を所有しています。栽培しているのはリースリングのみ、醸造には天然酵母だけを使用しています。現在は8代目のマティアス・マイアーラーが意欲的なワイン造りを行っています。
このアルテレーベンに使う葡萄は1960年代に植えたものです。通常パウリンスベルクは南東向きですが、マティアスは一部真南を向いている最も優れた区画を所有し、斜度80%で、所有する畑の中で一番の急斜面です。灰色と青色の分厚い粘板岩の土壌で、とても痩せています。このワインはヴィンテージの特徴が出るように心がけています。毎年、収穫時期の最後に摘み取ります。1,000Lのフーダー(50年の大樽)で発酵させ、樽でマロラクティック発酵させます。マティアスは、古い樹齢の葡萄を使うアルテレーベンこそが、モーゼルワインの神髄を最もよく表現してくれると考えています。
型番 474
販売価格
3,630円(税330円)
購入数